1. 世界が注目するレストランが日比谷を舞台に日本初出店!

Discover your Favorite トップへ

世界が注目するレストランが日比谷を舞台に日本初出店!

世界が注目するレストランが日比谷を舞台に日本初出店! Restaurant and Foods

8フロアの商業空間には、シネマコンプレックスに加え、個性あふれる60店舗が集まりました。
2018年3月29日のオープンを前に、今回の注目の飲食店の中でも、2つの日本初出店のお店をご紹介します!

NY、パリで人気の「Buvette」で朝、昼、晩をどう過ごす?

  • #アンティーク
  • #ノスタルジック
  • #ガストロテック

1日の始まりを1杯の温かいコーヒーと卵料理を、昼時はしっかり野菜をとってヘルシーランチに、仕事の合間にスイーツを、夜は仲間と料理をシェアしながら、ワインを傾け語らう...。例えばこんな風に訪れる時間によって、好きなように過ごせるのが「Buvette(ブヴェット)」の魅力。2011年に女性オーナーシェフであるジョディ・ウィリアムズがニューヨークのウエストヴィレッジにオープンし、そのフランスの家庭料理のような温かみのあるメニューの数々と、センス溢れるプレゼンテーションで絶大な人気を誇っています。日比谷への出店はパリに続いて世界3店目。日本ではどんな展開を考えているのか、今から楽しみです。

【SPECIAL INTERVIEW】
ジョディ・ウィリアムズが語る 「Buvette」の魅力とは?

「日本には豊かな食材があって、 独自の食文化がある。それらを取り入れることにも興味があるわ。きっと日比谷の『Buvette』にしかないアイコニックなメニューも生まれるんじゃないかしら」。建設中の東京ミッドタウン日比谷 を視察に訪れた『Buvette』のシェフであるジョディ・ウィリアムズ は、お店のオープンを前に期待感とともにこう語ってくれました。 彼女の想いは、" Gastrothéque( ガストロテック)" という言葉に表れています。朝から晩まで一日を通して食べたり飲んだりできる喜び、場所・環境を表す彼女ならではの造語。「NYやパリでやってきたのは"小さな食堂"。カフェでもなく、ビストロでもない。来る人のライフスタイルに合わせて好きなように使ってくれたら」。自分の居場所のように居心地が良く、一人でも、友達とも、家族とも、どんなシチュエーションでも楽し める「Buvette」。みんなにぜひ食べてほしい料理は?と聞くと「一つになんか選べないわ!」とキュートに笑うジョディ。濃厚な「鴨のリエット」に、鶏肉を赤ワインで柔らかく煮た「コック・ オ・ヴァン」、素朴で優しい味の 「タルトタタン」などなど、人気メニューが盛りだくさんなので当然。私たちよりも、むしろジョディ本人が日比谷への出店を一番楽しみにしているようです。

パリで注目の中山豊光シェフが手掛ける「Restaurant TOYO」

無駄な要素をそぎ落とし表現する、「TOYO」のミニマリズム

  • #カウンターフレンチ
  • #素材は宝石
  • #髙田賢三氏専属料理人
  • #ミニマリズム

食の都パリにおいて、季節を感じさせる新鮮な食材の旨みを最大限に生かすことへの強いこだわり。フランス料理の影響を受けた和食をフレンチスタイルで提供します。日本の懐石料理の美意識が存在するその世界観は、西洋と東洋の融合と調和を感じさせる唯一無二のフレンチ。素材を生かすことを重視し、盛り込む要素を最小限にこと抑えることで味わえる、素材本来のみずみずしい触感や香り。それがTOYOのミニマリズムなのです。また、作り手の顔が見え、料理のプロセスやシェフとの会話が楽しめる「Restaurant TOYO(レストラントヨ)」のカウンター席は日比谷でも特等席となるでしょう。

中山豊光さん
1971年生まれ。熊本出身。94年に渡仏。パリでフレンチレストラン及び本格的な日本料理店を経て、日本が誇る世界的なデザイナー髙田賢三氏の専属料理人となる、2009年に「RestaurantTOYO」をパリにオープン。予約の取れない人気店としてパリで注目されている。