1. あいにくのお天気でも大丈夫。屋内で楽しむ、東京ミッドタウン日比谷

Discover your Favorite トップへ

あいにくのお天気でも大丈夫。屋内で楽しむ、東京ミッドタウン日比谷

あいにくのお天気でも大丈夫。屋内で楽しむ、東京ミッドタウン日比谷 Entertainment

お出かけしたいけど、あいにくのお天気…そんな日は、東京ミッドタウン日比谷に遊びにきませんか?

せっかくのお出かけの日なのに、あいにくのお天気。または外出が億劫になるほどの暑さ寒さ...天気や気温は仕方がないことだけれど、どうしても気乗りしない日もありますよね。

そんな時の行き先は、「東京ミッドタウン日比谷」にしませんか?
駅の改札から出たらそのまま東京ミッドタウン日比谷内に直結。一歩足を踏み入れれば、開放的な空間が広がります。
今回は、「お出かけが億劫だなあ」という日にこそおすすめの東京ミッドタウン日比谷らしさ溢れるスポットのご紹介です。

建物全体がエンターテイメントのような、東京ミッドタウン日比谷へ。お天気なんて、なんのその。心踊るお出かけを楽しみましょう。

気軽に味わう上質な音楽体験―「Billboard cafe & dining」

日本をはじめ、世界各国のトップクラスのアーティストがパフォーマンスを行う、ビルボードライブ東京。上質な音楽が彩る空間と、一流のシェフが腕をふるう料理とお酒...ここでしか味わえない至福のひと時が、多くの人を魅了し続けています。

そのビルボードライブ東京の雰囲気を気軽に楽しめる、ここ「ビルボードカフェ&ダイニング」。
"〜My tune, My time〜 produced by Billboard Live "「音楽と心地よい時間へのこだわり」をコンセプトに、美味しい料理はもちろん、ビルボードカフェ&ダイニングならではの上質な音楽体験を楽しめます。

ビルボードカフェ&ダイニングのイメージ

壁一面がレコードで埋め尽くされたエントランスを抜けると、そこには想像を超える解放的な空間が広がります。日比谷らしい緑が見える大きな窓、そして高音質で流れるビルボードが厳選したプレイリスト。ゆったりとした席に腰を据えたらそれだけで、非日常感溢れるリラックスした時間が過ごせそう。

ビルボードカフェ&ダイニングのイメージ

「この歌、誰の曲かな?」「今度、ライブに行ってみようか」ハイセンスな音楽に身を委ねれば、会話にも花が咲きそう。ビルボードカフェ&ダイニングでは、壁にあるレコードをリクエストして店内で流すこともできます。食事と音楽をどちらも楽しむ、贅沢な時間を堪能しませんか?

ここにしかない、魅力溢れる小さな街―「HIBIYA CENTRAL MARKET」

東京ミッドタウン日比谷のフロアを歩いていると、突然出会う街角。「あれ?ここ建物の中だよね?」と少し戸惑いを感じながらも中へ歩みを進めると、そこには日本ともどこの国ともつかない、一つの街が広がります。

HIBIYA CENTRAL MARKETのイメージ

「HIBIYA CENTRAL MARKET」は、クリエイティブディレクター「南貴之」氏と老舗書店の「有隣堂」が出会い生まれた複合型店舗。南氏が世界中で拾い集めた"市場"や"街角"、"路地"の記憶が詰まったこの小さな街は、どこか懐かしさも感じつつ、新しさと驚き、ワクワクした気持ちも生まれる不思議な雰囲気を醸し出します。

HIBIYA CENTRAL MARKETのイメージ

この市場を彩る店舗は、ハッとするようなコンテンポラリーな空間から郷愁感じる空間まで多種多様。それぞれの個性が光る店々が街角を賑わせ、唯一無二のHIBIYA CENTRAL MARKETを形作ります。

HIBIYA CENTRAL MARKETのイメージ

思い思いにぶらりと歩きながら、気になったお店に立ち寄って。「これ素敵だね」「面白いね」とユニークなアイテムとの出会いと、ここで生まれる会話を楽しみながら"まち歩き"といたしましょう。

ゆったり過ごす大人の映画空間―「TOHOシネマズ 日比谷」

屋内でのレジャーの代名詞とも言える、映画。
東京ミッドタウン日比谷内では、都心最大級の13スクリーン(東京ミッドタウン日比谷内にスクリーン1~11、東京宝塚ビル地下にスクリーン12・13)を有するシネマ「TOHOシネマズ 日比谷」にて、大迫力の映画鑑賞を楽しむことができます。

TOHOシネマズのイメージ

"映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)"をコンセプトに、これまでの劇場にはない、"最高の映画体験"を追求した「TOHOシネマズ 日比谷」。音響から座席シートまで、徹底した大人が楽しめる上質で居心地の良い空間は、ここならではのお楽しみ。

TOHOシネマズのイメージ

映画館特有のドキドキ、ワクワクするような雰囲気はそのままに、ゆったりとくつろぎながら映画の世界に浸りませんか?

気軽に嗜む本格酒とアテ―「住吉酒販」

一日を楽しんだ後は、角打で気軽な一杯はいかが?
酒と共にあるライフスタイルを提案する博多発の酒屋「住吉酒販」。東京初出店となった東京ミッドタウン日比谷の店舗は、"Field-to-Table"をコンセプトに「正しい食文化を追求し、自然との豊かな調和を目指す」という基本理念を表現した新しい酒屋の形です。

住吉酒販のイメージ

こだわり抜いて選び抜かれた日本酒、焼酎、ワイン、そして九州各地の上質な食品が所狭しと並ぶ店内。併設の角打では、販売している酒や食品の他、宮崎ひでじビールが作る住吉酒販限定の生ビールや旬の食材で作られるおつまみ等、カジュアルでありながら上質な美味しさを楽しめます。

角打で堪能した酒やおつまみはおうちでもゆったり味わいたい...気に入ったものは購入して持ち帰り。そんな素敵なお土産も、住吉酒販らしさ溢れる大人な楽しみ方の一つですね。今日一日の楽しかった思い出が詰まっているようで、どこか特別な味わい深さを感じられそうです。

住吉酒販のイメージ

角打のお会計に使われる「花札」も住吉酒販ならではの楽しいポイント。「懐かしいね」と会話もお酒も弾みそう。

詳しくは、こちら
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/80300/

お出かけの予定がある日。外出が億劫になる空模様でも、「ここに行けば何か楽しいことがある」、
そんな場所があると、気持ちも晴れやかになりませんか?
そんな場所の一つとして、東京ミッドタウン日比谷はお待ちしています。